わくわくブログ

大晦日 除夜の鐘 2018/12/31(月)

28日は預かり保育カンガルークラブの最終日、そして金剛寺の大掃除でした。
一年の感謝を込めてすす払いをし、31日の除夜の鐘と新年に備えました。
仏様のお世話をするお寺さんの年末年始は大変なことがたくさんあります。

金剛寺はご住職の園長先生を筆頭に、ご長男の副住職(芸人さんです)→『観音日和』→【検索してみて下さい】と、皆さんもよくご存知 幼稚園で大活躍の次男 柊二先生、ミニコンサートでのピアニスト長女のふゆみおねえさん、そして幼稚園の先生の卵である学生の次女さん、合計5名で力を合わせ由緒あるお寺を切り盛りされています。


今夜の除夜の鐘ではお嬢様方2人の作った豚汁や甘酒飲み振る舞いがありますよ。
鐘を突きに来られるかたはあったかい いでたち来て下さいね。
お焚き上げもありますので古いお守りやお札などある方はお持ちください。

23:45くらいから本堂でお経があがり、日付が変わる頃に鐘楼の前で住職がお話をして下さいます。

そして一人づつ鐘を突きに毎年100名以上の方が来られます。
108つの煩悩を浄化させる渾身の一打ですね🔔

最後の方が終わるまで住職はずっと鐘楼に立って、拝んでくださいますよ。
お焚き上げの準備
お焚き上げの準備
ご祈祷されたお守りや絵馬も売ってます
ご祈祷されたお守りや絵馬も売ってます

新着記事

 [次へ≫]