わくわくブログ

暑さ寒さも彼岸まで 2019/9/17(火)

本日は振替休日にご協力頂きありがとうございます。
みんな何して過ごしてるかな?
今月は三連休が続きますね。
そして、もうすぐ秋彼岸です。

今年は、
彼岸入り・・・・・9月20日(金)
中日(秋分の日) ・・9月23日(月・祝)
彼岸明け ・・・・・9月26日(木)
の日程(^^)

仏教園なのでお彼岸について少しお話しします。

お彼岸の中日である秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
昼と夜の長さが等しくなることから、仏教の中道の思想に例えられ、
偏りを持たない
執着せず正しい判断で行動する
といった意味があるそうです。

ご先祖さまのいる世界、彼岸と、いま私たちがいる此岸が通じやすくなっていて、先祖供養に良い、先祖に思いが届きやすいとのことで皆さんお墓参りに行くとのことです。

住職である園長先生はお彼岸期間中はさらにお忙しそうです。
(幼稚園HP上に金剛寺ウェブサイトのバナーをつけたのでクリックしてみて下さいね)←青梅の歴史を知ることもできます!


彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖さまに感謝する日で、その前後6日間は、人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断し、正しい行いができるようになるための6つの行い

1.分け与える
2.規律を守る
3.怒りをすてる
4.努力する
5.心を安定させる
6.智慧をあらわす

を1日に1つずつ行う大切な期間なのだそうです。

ご先祖さまへの感謝の気持ちをもって、普段の生活の中で正しい行いをするように心がけてみましょう。

お墓まいりに行ったらまずはお墓のお掃除。墓石を洗い雑草をぬくなどしてまわりをきれいにし、お花やお線香をお供えします。
その後、ご先祖さまに生まれてきたことを感謝し、最近の出来事などをたくさんお話しするようにしてみましょう。
お家に仏壇がある場合は、仏壇や仏具をきれいに掃除し、おはぎや季節の果物などをお供えします。

美味しいおはぎのあんこに使われる“あずき”は、古くから悪いものを追いはらう効果があるそうですよ。

秋は食物の収穫の季節。自然への感謝や祈りとも深くむすびついていますね。昔の人々は、自然を暮らしの中に上手にとりいれていました。令和の世代になってもずっと引き継がれていきたい日本の風習だと思います。


朝晩めっきり涼しくなり、確実に秋の足音が近づいてきています。
楽しかった今季の水遊びも終了!アプリ配信後に水遊びグッズを順次持ち帰りますね。

縁の下の力持ち!
縁の下の力持ち!
うら園庭の栗🌰年少さんが拾ってきてくれました
うら園庭の栗🌰年少さんが拾ってきてくれました

新着記事

 [次へ≫]