MENU CLOSE

だるまの目入れ👀

2024年01月15日(月)日常のようす

だるまについてのお話を聞きました。

達磨大師が由来です。修行のために座禅を9年間続けた結果、手足が腐ってしまい手足が無い姿になってしまったという伝説があります。また、寝ないで修行するために瞼を切ったのであまり目が見えなくなってしまったそうです。色が赤いのは魔除けのためです。

七回転んでも八回起き上がれば良い「七転八起」という思いが込められているお人形と合わせたため、だるまは倒れません。

現在は、願い事を叶えてもらう、良いことがありますようにと左目に目を書きます。そして、願い事が叶ったら、お利口さんだったら右目に目を書きます。

紙に書いた目標を達成しお利口さんでしたので、担任の先生が右目に目を書きました🌟

関連記事

  • 2024年02月28日(水)
    日常のようす

    梅と河津桜の花が満開になりました。

  • 2024年02月20日(火)
    日常のようす

    寄付ありがとうございます☆

  • 2024年02月15日(木)
    日常のようす

    なかよし広場でなかよし♡

  • 2024年02月14日(水)
    日常のようす

    涅槃会の集い